こんにちは、在馬太郎です。

本日はWechatでも問い合わせの多かった、
ジュビリーエースに”Topupできる残高””アクアシステムからの配当”について確認してみたいと思います。

ジュビリーエース2(通称:JENCO)の一般募集開始を9月に控えながら、
ジュビリーエースのほうはいったいどうなっているのか、見ていきたいと思います。

最近はWebセミナーなどでもJENCO一色となりつつありますね。
JENCOは香港で登記され、コモディティ・暗号通貨市場でのアービトラージに加え、
株式・FXにも参入することが伝えられています。

既にジュビリーエースでも、マイアクア・コモディティのほうで、
一般ブローカーを使用しMT4経由でのアービトラージ(自動トレード)で利益を出すサービスが開始されていますが、
JENCOはそれに近くなるようですね。

MT4で全取引履歴が確認できるようになるため、
トレード履歴がジュビリーエースよりもクリアになるため、非常に興味深いです。

画像6



ジュビリーエース ~Topup可能な残高~

話をジュビリーエースに戻したいと思います。
ジュビリーエースは資金調達の完了に伴い、
”新規募集が終了”・”既存メンバーのTopup受付終了/限りなく制限される”
こういった内容で以前よりアナウンスされていました。

新規募集やTopup受付が終了しても、
アクアシステムのアービトラージは継続されますので、
最終的に収益がTopup額の3倍となるまでジュビリーエースを使用することができます。

今回は以前の7億ドルの上限が9億ドルと2億ドルの追加が決定されたようで、
それに伴い投資可能な資金残高が確認できるようになりました。

画像2



JENCOは投資額が最低$10000からとなり参入障壁が高くなりましたが、
ジュビリーエースのほうは引き続き$1000から参加可能となります。

登録は始め方は、下記もご参考にしてください。



また、最後のマイアクア第3弾として、マイアクアスポーツが開始されました。
(1弾:暗号通貨、2段:コモディティ)

マイアクアは、個人口座にジュビリーエースのアクアシステムをAPIで接続し、個人口座でアービトラージ(自動トレード)を行うことで、ジュビリーエースとは別口座でも利益を出せる内容となっています。

本サービスの獲得条件は$10000のTopupとなっているため、タイミング的にはJENCOとまる被りなのが残念です。。


画像7



アクアシステムからの配当

ジュビリーエースの利益はCashCreditに蓄積されていきます。
自分の場合だと、7月前半で$30000へのPKGアップグレードが完了したため、それ以降は一旦ジュビリーエースへのTopupは中断しています。
参加を開始した2019年12月以降、一度も配当が滞ることなく利益が反映されています。

7月収益待ち受け



7月は利益の高いコモディティ(6.5%)へのエントリー(Bet)を継続していました。
以下、そのエントリー履歴と配当履歴になります。

以前のオアシス80のボーナスを使用中のため、合計額はJubileeCredit額と$6000の差分があるのはそのためになります。


<7月:Bet履歴>

画像4



<7月:配当履歴>

7月収益全体1

7月収益全体2




以上、ジュビリーエースのTopupとアクアシステムからの配当に関する情報でした。



JENCOに関しては、一般の募集開始が9/1から予定されていることに対し、
ジュビリーエースもいよいよ最終局面に入ってきました。

これから参加される方々含め、少しでもご参考になればと思います。

【ジュビリーエース登録】

https://member.jubileeace.com/affiliate?ref=JPN260021294


【JENCO登録(ジュビリー・エナジー&コモディティ)】

https://member.j-enco.com/Register/?reffcode=JPN260021294

↑一般開始は9/1~

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください