こんにちは、在馬太郎です。

本日はJENCOユーザーやUSDT所有者からも問い合わせの多かった、


  JENCOのUSDT出金申請

出金したUSDTの取り扱い

USDTからBTCへの変換

BTCチャートからみる出金申請タイミング

 

これらに関して記事にしてみました。

 

特に9月からスタートしたJENCOでは、

出金が『USDT扱い』となりますので、

USDTをどう取り扱っていくか、

そのあたりについても記載していますので、

USDTの取り扱いで迷われている方にとっても、

参考情報になればと思います。

 

USDT>>BTC変換に関する詳細記事はこちら↓

USDTをBTCに変換するには?~CoolWalletS~JENCO・ジュビリーエース




後述しますが、

9月前半にあったBTCの大きな下落をみて、

チャート分析をベースに

USDTやBTC変換申請を行っています。

 


チャート分析などに興味がありましたら、
合わせてこちらもご覧になってみてください。


https://note.com/aircanada0625/n/ne589cdbe9e9b

 

 

【BTC/USD:4H足チャート】

JENCO出金理由



 JENCOのUSDT出金申請

JENCOの出金に関しては、すべてUSDTでの出金扱いとなります。

そのため、当然ながらUSDTを取り扱っている

『取引所』や『ウォレット』

を所有している必要があります。

 

まずは、JENCOのマイページからの出金申請を行いましょう。

①ウォレット > ②出金

JENCO出金

 

出金ページに移動したら、次の通り進めていきます。

③現金ウォレット > ④出金金額の入力 > ⑤送付先アドレスの入力 > ⑥送る

2JENCO出金


この時、出金アドレスの記入ミスには十分気を付けましょう。

出金先のUSDTウォレットから

自分のアドレスがコピーできますので、

手入力などをせず、コピー&ペーストにて

アドレスの誤入力を抑制することができます。

 

無事に出金申請が完了すると、

その旨出金履歴より確認することが可能です。

【JENCO:USDT出金申請より】

JENCO出金履歴

 

 

上図の通り、

早速9/1にこの$3300の出金申請を行いました。

JENCOではUSDTとなるため、

出金申請は自身のHWウォレットにすべて出金しています。

なぜHWウォレットに出金しているか、

そのメリットについて簡単に解説したいと思います。


 

出金したUSDTの取り扱い

現在『CoolWalletSという

カード形式のHWウォレットを使用中のため、

暗号通貨関連の出金申請・保有はここで管理しています。

このHWウォレットのメリットとして

セキュリティの高さ“だけでなく、

アプリ内でUSDTをBTC変換する機能

もついているため、

『高い信頼性で安全に暗号通貨(BTC/USDT)を保有できる』

だけでなく

『CoolWalletS(アプリ)だけでUSDT>BTC変換ができる』

という点になります。

【CoolwalletS:ホーム画面】

画像2





CoolwalletSについての詳細はこちらから↓

 



その他、代表的なHWウォレットはこちら↓

 

 

USDTからBTCへの変換

USDT > BTC への変換も非常に簡単で、

アプリ内の『Marketplace』を選択して、

Crypto Exchange』をタップします。


CoolWallets:アプリ画面(Marketplace)

画像3

 

 

 

次にCrypto Exchangeから、

変換する暗号資産のペアを選択します。

今回は『USDT > BTC』を行いますので、

下図の通りBTCに変換するUSDT額を入力します。


CoolWallets:アプリ画面(Crypto Exchange)

画像6

 



このような手順で、

簡単にUSDTをBTCに変換するだけでなく、

変換したBTCを安全に所有することが出来るため、

取引所などにBTCのまま放置しておくよりも高い安全性を保った状態で、

自分自身で保有・管理を行うことが可能になります。



CoolwalletSについての詳細はこちらから↓

 

 


本ウォレットの使い方に関しても、

Youtubeなどで細かく日本語での説明・解説もありますので、

購入後に設定・操作法等で困るといったことも特になく、

なに支障なく使用できています。

 

今後BTCはますます興味深い値動きをするという見方も多く、

長期的にBTC保有を考慮するケースでは、

やはり保管方法という点については熟慮すべきかと思っています。

 

USBタイプのHWウォレットは

いちいちPC接続が必要なこともあり、

手軽さ面で少し懸念がありましたが、

こちらはカードタイプで手軽なだけでなく、

防水性や耐久性も高く、

総合面で判断してこちらを選択致しました。

 

HWウォレットは多少初期費用が必要になりますが、

ここでケチって資金を失うことになったら元も子もないですからね。

CooWalletSの使い方や、USDT > BTC変換については、

こちらの記事でも詳細を記載していますので、

よかったらご覧になってください。

 

 

 

BTCチャートからみる出金申請タイミング

9月に入り、

BTCが大きく値崩れする展開となったため、

これはまさにBTC出金するに最適なタイミングと捕らえ、

ジュビリーエースで貯まっていた配当を、

HWウォレット(CoolWalletS)にBTC出金していきました。

チャート的には、

大きな上昇後に、日足ベースでH&S(ヘッド&ショルダー)を形成し、

その後サポレジラインまで大きく下落してレンジ相場を形成しています。

 

【BTC/USDチャート@9/12時点】

画像6

 


一度、

下図のサポレジ(太黒線)で反発したことを確認して、

複数回に分けてJAからBTC出金をかけていきました。

チャート的には、以下のような分析を行なっています。

【日足ベース】

BTCUSDチャート

 

【4H足ベース】

JENCO出金理由

 

 

■出金申請〜ジュビリーエース〜

JAでの出金は以前何度か行ったことがありましたが、

しばらくはTopup(複利)にまわしていたため、

JAからの出金申請は約半年ぶりでした。

JAでは、出金申請時のBTC価格が反映されるため、

その点は今回のBTC下落に合わせて出金をかけたため、

比較的良いタイミングで申請ができたと思います。

【JA:BTC出金】

JA出金履歴

 

 

JENCO登録はこちら↓

<JENCO登録>
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
https://member.j-enco.com/Register/?reffcode=JPN260021294
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


下記、JENCO公式サイトからもその他様々な情報が確認できます。

<JENCO公式ページ(JAPAN)>
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
http://jenco.team/index.html
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

まだまだ開始されたばかりのJENCOですが、

今後もトレードの経過観察の様子など記載していこうと思います。

 

以上、ご覧くださりありがとうございました。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください