今回は、

GTRへ$3000をサブスクしてみる

ということで、

GTRへのBTC送付

GTRのサブスクまでの流れ

ついて整理してみました。

 

 

GTRのサブスク購入(トップアップ)にあたり、

① GTRへの入金(BTC/USDT)

② USDPへの変換 (BTC/USDT > USDP)

➂ USDP(+AQN)でのサブスク購入(トップアップ)

がそれぞれ必要になってきますので、

今回は

それぞれの具体的な手順

について記載してみました。

【GTRプログラム】

画像9

 

 

 

前回の記事で、

GTR登録』と『GTRへのAQN(アクアナイト)送付

についても整理していますので、

GTR登録からAQN送付までの流れについては、

こちらも合わせてご参照ください ↓

 

ジュビリーエース|”GTR登録からAQN送付” GTR登録の流れ

 

 

GTRサブスクは、

最低額である$3000としています。

 

最低額$3000のサブスクで、

Starシステムの使用権は3ヵ月分

となりますが、

その後は

毎月$1000で購入可

との事ですので、

必要以上にTopupする必要はない

と判断しました。

 

 

★GTR情報・登録などWowappでつながる

画像1

 

 

 

 

 

 

https://www.wowapp.com/w/aircanada0625/Yu-Crypto

 

 

 

■ GTRへBTC送金 > USDP変換 

GTRへの入金(BTC/USDT)

前回の記事で、

GTRへの登録+AQN送付”は完了していますので、

GTRへログインしてみると、

下記のような画面になり、

TOKEN部分にAQN送金額が反映されています。

AQN所有されていない方は、

TOKENは無視で大丈夫です。

 

【GTR:ホーム画面】

画像1

 

 

次にホーム画面から、

『入金』をクリックすると、

BTC” または ”USDT

の各アドレス情報が表示されます。

【GTR:入金ページ】

BTC入金2

 

 

これが各自のGTRへ入金する際の

BTC/USDTアドレスになりますので、

希望の入金方法(BTC or USDT)を選択して、

選択したアドレスに自身のBTC/USDTを転送します。

 

BTCでのGTR送金が完了すると、

GTRからも入金履歴が確認できます!

下記は、

$2400分のBTC入金を行った際の、

入金履歴@GTRになります。

【GTR:BTC入金履歴】

BTC入金3ー1

 

これで、

GTRへの入金作業が完了になります。

 

 

USDPへの変換 (BTC/USDT > USDP)

続いて、

入金したBTC/USDTを

『USDP』に変換します。

どうやらサブスク購入にあたっては、

このUSDPを使用して行う必要があるようで、

BTC/USDTのままではサブスク購入はできないようです。

 

USDP変換の手順としては、

まずホーム画面から

ウォレット』 > 『USDP変換』を選択します。

そして、

下図のように『ウォレットを選択』から、

入金したBTC/USDTを選択し、

希望するUSDPへの返還額を入力して、

最後『変換』をクリックします。

【GTR:BTC>USDP変換①】

BTC入金4

 

 

 

自分は一度返金したBTC額が足らず、

2度入金しましたので、

余裕をもって転送したほうが良いと思います。

あまったBTCなどは、

下図の通り出金画面から出金申請可能なようです。

(当たり前ですが。。)

 

【GTR:BTC出金画面】

BTC出金

 

 

無事にUSDPへの変換が完了すると、

ホーム画面からも確認することができます。

私の場合、

$2400のUSDP変換を行いましたので、

下図の通りUSDPウォレット額が

$2400になっていることがわかります。

【GTR:USDP変換後のホーム画面】

Home2 after BTC チャージ

 

合計$3000の入金作業が完了になりますので、

(USDP:$2400 + TOKEN(AQN):$600で合計$3000)

続いてサブスク購入に進んでいきます。

 

 

■ GTR:サブスク(トップアップ)手順 

サブスクライブ

GTRのホーム画面の右下にある、

サブスクライブ

を選択します。

【GTR:ホーム画面】

サブスク1

 

 

続いて、

サブスク(トップアップ)する額を入力します。

今回は$3000でのサブスクを予定していますので、

3000を入力します。

【GTR:サブスク画面①】

サブスク2

 

 

続いて、

$3000に使用する手段を選択します。

私の場合、

”USDP:$2400”と”TOKEN(AQN):$600”

を使用しますので、

それぞれ希望額を入力していきます。

【GTR:サブスク画面②】

サブスク3

 

 

最後、GTR登録の際に設定した

6桁のトランザクションパスワード

を入力して作業完了です!

サブスク4

 

 

 

サブスクライブ完了後

無事にサブスクが完了すると、

下図の通り

■SAASグレード:GT0

■サブスクリプション金額:$3000

と反映されていることが確認できました!

 

【GTR:サブスク完了後のウォレット画面】

サブスク6

 

 

【GTR:サブスク完了後のホーム画面】

サブスク7

 

早速、

STARシステムのトレード情報が

どのように活用できるか試していきたいと思いますので、

また別記事にて結果を共有したいと思います!

 

ちらっとこんな感じです↓

【STARシステムを使用中@デモ口座】

画像1

 

 

4H足の下髭の出し方、フィボナッチ38.2、トレンドラインも引けたので、

チャート的にも割と良い形でした。

画像1

 

 

■ まとめ

 

今回は、

GTRへのBTC送付

GTRのサブスクまでの流れ

ついて整理してみました。

 

GTRでは、

JA/JENCOとは違い、

自身の開設したFX口座を用いて、

100%入出金操作が可能です。

 

やはり自身で自由に資金管理ができないと、

外的要因とはいえ思わぬトラブルの影響を受けた際、

どうしようもないですからからね。。

 

もともと、

FX裁量トレードをメインに行っていた自分にとって、

GTR社より提供されるSTARシステム(Saas)を用いた

FX運用個人口座

にもともと関心がありましたし、

STARシステムより提供されるトレード情報

をもとに、

トレードの実施・検証

をしていきたいと思います。

 

まずはデモ口座で、

1ヵ月ほどStarシステムを用いた

FXトレード運用をしてみて、

・どの程度の利益(Pips)が取れるか?

・勝率はどの程度になるか?

・どのような通貨ペアがトレード対象か?

・Starシステムの使い勝手はどうか?

・FX未経験者でも使えるシステムとなっているか?

について検証し、

トレード情報も今後記載していきますので、

よろしかったら今後もご覧いただければと思います!

 

または、

下記Wowapp経由でGTRに関するやり取りなども、

互いにできればと思いますので、

よかったら繋がってください

(セキュリティ面でWowappを使用中)

 

 

★GTR情報・登録などWowappでつながる

画像1

 

 

 

 

 

 

https://www.wowapp.com/w/aircanada0625/Yu-Crypto

 

 

 

以上、ありがとうございました!

1 Comment

  1. Pingback: GTR|FXデモ口座で1週間トレードしてみた結果?! ”GTRのSaasを使用したFXトレード” |ジュビリーエース・JENCO | 在馬太郎Blog

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください